NPO法人 BEPPU PROJECT
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
TABLE #3 まちの力
『あらゆることに対して、想像力を働かせてみよう。すぐには理解できない「何か」が、そこにあるはず。この日の旅は、アートで旅をする芹沢高志が案内人。白地図を手にあなたも一緒に旅へ出ませんか?』
b0111346_1893543.jpg




日 時:2006年6月10日 土曜日 15時〜22時30分
会 場:別府市ソルパセオ銀座〜まち歩き〜喫茶しんがい(まちを遊動しながら続くトークイベント)
ゲスト:芹沢高志
聞き手:二宮圭一


『あらゆることに対して、想像力を働かせてみよう。
すぐには理解できない「何か」が、そこにあるはず。
この日の旅は、アートで旅をする芹沢高志が案内人。
白地図を手にあなたも一緒に旅へ出ませんか?』


芹沢 高志 /Takashi Serizawa

1951年東京生まれ。神戸大学数学科と横浜国立大学建築学科を卒業後、民間のシンクタンクで生態学的地域計画の研究に従事。1989年、P3 art and environmentを設立(http://www.p3.org/)。以後、現代美術、環境計画を中心に、数多くのプロジェクトを国際的に展開している。横浜トリエンナーレ2005キュレーター(2005)、帯広競馬場で開かれた国際現代美術展「デメーテル」の総合ディレクター(2002)。アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会事務局長(2002-06)。慶応大学理工学部非常勤講師(建築論)。著書に「この惑星を遊動する」(岩波書店)、「月面からの眺め」(毎日新聞社)、訳書にバックミンスター・フラー「宇宙船地球号操縦マニュアル」(ちくま学芸文庫)、ケネス・ブラウワー「宇宙船とカヌー」(ちくま文庫)など。
[PR]
by beppuproject | 2007-05-01 05:15 | BEPPU PROJECT 2006